働きながら美容クリニックの面接対策|実際にやって良かったことを紹介

カズ

病院を辞め、現在美容ナースをしているカズです
詳しいプロフィールはこちら

転職活動…

新卒で病院に就職してずっと働いてきた人は、「就職活動や履歴書の書き方、面接対策ってよくわかんない…」って方が多いんじゃないでしょうか?

僕が新卒で受けた病院は小論文と軽い面接だけだったので、インターンやら2次試験といった話とは無縁でした

看護部の人に聞いた話だと

僕が勤めてた病院の面接って「明らかに態度や言動に問題が無いかチェックする」程度で、相当ひどくなければ落とすことは無いそうです

しかし美容クリニックとなると話は別!!

面接対策をしっかりしないと、美容系クリニックは普通に落とされます(僕も落とされたことがあります)

しかし実際に働きながらの就職活動って慣れないことだらけで想像以上に大変

この記事の内容

働きながら美容クリニックへ転職を考えている人向けに

  • やって良かった面接対策
  • 逆にこれをしておけば良かったこと
  • 面接を成功させるための、緊張を軽減する方法

を美容クリニックに複数回転職している僕が解説します

また「もっとこういうことが聞きたい!」など質問がありましたら、こちらか(@kazublog1163)にお気軽にご相談ください

では解説していきます

タップできる目次

クリニックのホームページを熟読+可能なら施術を受けてみる

これがけっこう大事

面接官は「うちのことどれくらい知ってる?」という、試すような質問をしてくる

僕が実際に聞かれた質問
  • うちのクリニック、関東に何人くらいあると思います?
  • 施術って(時間・お金が)どれくらいかかると思います?

こういう美容クリニック関係の質問に答えられない人がわりと多いらしく

「この人、うちの美容クリニックで働く気ないかも…」とおもわれて一発アウト!なんてこともあるらしい

またホームページには企業理念や求める人物像などが記載されていることが多いので、志望理由を考えるときにそれを軸にして書いていくとスムーズ

暗記する必要はまったくなくて、大まかに「こんなことを大切にしてるクリニックなんだな」という程度に把握しておこう

「よく聞かれる質問」を調べる、最新の情報・傾向を入手する

まず僕が美容クリニックの面接を3回受けた感想は

「美容系クリニックの面接は、聞かれる内容がだいたい似ているな」

です

転職エージェントさんから聞いた話や、他のサイト・ブログもいろいろ調べた結果、やはり美容系クリニックの面接はだいたい似たようなことが聞かれるそうです

あとは転職サイトに登録すると、エージェントさんから

「昨日面接した人はこんなこと聞かれたそうです」
・「最近はこういうことがよく聞かれてます」

という最新の情報・傾向を教えてもらうことができます

本当に「あっ、そんなことも聞かれるんだ!」って質問もあった

そんなわけで、美容クリニックに転職したいのなら転職エージェントは必須です

上手に使って最新の傾向を取り入れましょう

記事の下の方に、実際に僕が使ったオススメの転職サイトを紹介しているので、参考にしてください

面接練習(話し方、内容をチェック)

もちろん家族や友人に面接練習をお願いすることもできますが

これに関しては、圧倒的に転職エージェントに依頼することをオススメします

転職エージェントに面接練習を依頼することで

  • プロの目線で、内容・話し方・姿勢を指摘してくれる
  • 自分の経歴から「自分の強み」など、内容を一緒に考えてくれる
  • 最新の面接傾向や情報を教えてもらえる

というメリットがあります

しかもどれだけお世話になっても無料

面接が苦手な人もいるとおもいますが

正直、面接の極意は慣れです

回数を重ねた分だけ緊張しにくくなり、話し方も堂々としてくるし、伝えたいことも自分の言葉で話せるようになってきます

カズ

ただし、カンペをそのまま話してしまうと、面接官にもそれが伝わってしまうらしいです(結構あるあるだそう)。

何度も言いますが、美容クリニックに本気で転職したいなら、転職サイトの利用は必須です

WEB面接のための環境整備

最近ではWEB面接が多くなっており、僕は面接はすべてWEB面接でした

これまで高校入試や新卒の病院入職時の面接しかしたことが無く

それでも対面もWEBも一緒だろうと思っていたんですが、大間違いでした

対面の面接よりもやることが増えるため、正直WEB面接の方が面倒くさい

僕が利用した転職サイトでは、WEBの面接練習も対応していて、見え方や背景、部屋の明るさなどもアドバイスしてくれました

特にWEB面接の経験が無い方は、本番前に一度プロの目線から見てもらうことを強くオススメします

緊張しすぎないための方法

僕はめちゃくちゃ緊張しやすくテンパりやすい性格なので、話す内容と同じくらい「緊張しない方法」も考えました

いろいろ探したなかで「これは良い方法だ」とおもった緊張を軽減させる方法をいくつか紹介します

  • 参考書から学んだ「緊張を解く7つの方法」
  • 当日は「合格者が懇親会に行く」くらいの気持ちで臨む
  • 後は練習あるのみ

参考書から「面接で緊張を解く7つの方法」

僕が面接のためにいくつか参考書を読んで、一番ためになった本はこちら

特にWEB面接をする予定の方には、ぜひ参考にしてもらいたい一冊

この本では「面接官の好感度を上げる方法」や「よく聞かれる質問集」「答えにくい質問への答え方」が具体的に書かれています

僕的には面接で緊張を解く7つの方法が特に参考になりました

  • とにかく場数を踏む
  • 上手くやろうとし過ぎない
  • 人と比べない
  • ゆっくり息を吐く
  • 早めに面接会場に行く(WEB面接のセッティングをする)
  • 話したい事を原稿に書いてみる
  • 面接官と楽しく充実した会話をしている自分を想像する

こういった対策に加えて、「僕はちゃんと面接対策をしてきたんだ!」と考えると自信が湧いてきました

カズ

自信がある人と無い人では、明らかに表情や話し方が違います

当日は「合格者が懇親会に臨む」気持ちで

また緊張を解く方法として「内定者のつもりで、懇親会に参加する気持ちで面接に臨む」というのも良かったです

「面接官は敵じゃない、むしろ仲間として歓迎されてる」と思い込むだけで、少し緊張が解けた

あとは場数

何回も言ってますが、最後は本当にこれ

面接練習1回目で「えー、僕が脱毛看護師を目指した理由はー、えーっと」だったのが

5回目「僕が脱毛看護師を目指した理由は、僕自身がヒゲの脱毛したことで~~」と、喋っててもわかるくらい上手くなります

カズ

「上手く喋れてると感じる」だけで、本番中にテンパることなく話せることができました

脱毛看護師への転職を成功させたいなら、ぜひ転職サイトの利用は必須です

ページの下の方に、僕が実際に利用した転職サイトを紹介しているので、良かったら参考にしてください

【僕が実際に利用した】
美容クリニック転職にオススメのサイト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

カズのアバター カズ 看護師

年齢30代
性別:男
職業:脱毛看護師

大学病院→派遣ナース→脱毛看護師と、普通の看護師ルートから外れて生きてます。
派遣ナースや脱毛看護師のことなど、普通の看護師さんが経験しないであろうことを情報発信中。酒とゲームが大好き。

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次